webプログラムマ:新しい事に挑むのが、当たり前の風土。

Webプログラマ

新しい事に挑むのが、
当たり前の風土。

赤井澤 和弘  KAZUHIRO AKAIZAWA

学生時代、仲間内でPC ゲームの開発・頒布・販路開拓などを行なっていたのをキッカケに、ゲーム 業界を志望するように。その後、就職活動を進める中で「モバイル向けゲーム」をメインに事業を展開してたアソビモに興味を惹かれ、入社を決める。現在は各タイトルの決済システムやWebショップの保守管理などに従事。

ロボットアイコン 入社のキッカケ

僕の場合ちょっと特殊なんですが、学生時代に仲間内でPC ゲームの開発みたいなコトをやっていて。それで、将来はゲーム業界で働きたいなと思っていたんです。そんな中でもアソビモを選んだのは、「モバイル向けオンラインゲーム」という、自分にとって未知の領域を主戦場としていたから。当時、モバイルをメインに手がける会社は限られていましたからね。ずっとPC ゲームばかりに携わってきたこともあって、新鮮味のある仕事ができるんじゃないかという想いで志望しました。

ロボットアイコン いまのシゴトについて

いまは、当社が展開する各タイトルに共通で導入されているWeb 系の機能・仕組みの開発を中心に手がけています。例えば決済システムの導入やWeb ショップの保守、各種WebAPI の開発などがメインですね。以前には、タイトルを海外展開させるために、現地語のマニュアルを四苦八苦しながら訳したり…なんてこともありました。そういう意味では、何かと物事の“最前線” に突っ込んでいくことが多い仕事・ポジションかもしれません(笑)

ロボットアイコン アソビモのココが良い!

「新しいことにチャレンジしよう」という空気感が当たり前のようにあるのが良いですね。それだけ、新たな体験・業務に触れるチャンスも多いと思います。先の海外展開の話もそうですが、他アニメやゲームとのコラボだったり、アニメ分野への進出だったり。部門や職種に関係なく、「これやってみようよ」という話が湧き出るようにドンドン出てくるので、面白いと思いますよ。新しいことへの挑戦を面倒くさがらず「面白い」と思える方には最高のフィールドといえるんじゃないでしょうか。

応募フォームへ
ページ先頭へ