ディレクター:自分の意思で、シゴトを動かせる喜び

サーバプログラマ

舞台裏から、
ゲームを支える誇り。

鶴目 憲史  KENJI TSURUME

学生時代からゲーム開発の道を志し、専門学校でプログラミングを学ぶ。その後、コンシューマー ゲーム業界をメインに就職活動を行なうが、「早期から企画に意見を出せるチャンスがある」という点に惹かれ、アソビモへ入社。現在は、サーバサイドプログラマとして、データーベース管理などに従事する。

ロボットアイコン 入社のキッカケ

「プログラミングはもちろん、早くから企画にも携われるゲーム会社を」――就活のときは、そんな軸で会社・仕事探しをしていました。ただ実際は、「若手のうちはとにかく言われたとおりに作業をすればいい」という会社さんも多くて、なかなか望むような環境は見つからず…。そんな中で出会ったのが、アソビモだったんです。説明会であったのは、「ウチには経験やポジションに関係なく、企画に対して提案や要望を出 せる環境がありますよ」という話。それをキッカケに一気に気持ちが傾きましたね。

ロボットアイコン いまのシゴトについて

いま僕が担当しているのは、サーバサイドのプログラミング、データベースの運用など。バグを起こさずに、問題なくサービスを提供し続けるのがミッションです。当然、バグがおきてしまえばユーザーさんは快適にゲームを楽しむことができなくなってしまう。ですから、背負う責任も小さくありません。ただその分、やりがいも大きいというのがこの仕事の魅力だと思います。決して“華やかな仕事” とはいえないけれど、舞台裏からゲーム運営を支えていく。誇らしい仕事だと思っています。

ロボットアイコン アソビモのココが良い!

僕が入社時に魅力を感じた所にもなりますが、全員が「自分はクリエイターだ」という意識を持っている点、そして立場に関係なくアイディアを発信できる風土。これがアソビモの大きな強みだと思っています。プランナーも、プログラマも、運用も、持ち場は違えど誰もが「面白いゲームを作ろう」という強い想いを持っているんですよね。リリース間近になっても、妙にピリピリすることなく楽しそうに仕事をしているメンバーが多いのも、その証拠かもしれません。

応募フォームへ
ページ先頭へ