運営

さまざまな「声」を形にし、
実現する達成感。

石橋 裕樹  YUUKI ISHIBASHI

大学卒業後、通信事業の販売営業を経て、2014年アソビモに入社。 音楽・映像などの総合エンターテインメント媒体であるゲームというメディアに強く惹かれ、それまで未経験だったゲーム業界の門戸を叩く。現在はオンラインゲームの運営全般を担当。

ロボットアイコン 入社のキッカケ

アソビモ入社前は全く畑の違う業界で働いていたのですが、もともとゲームやエンタメが好きだったこともあり、自分の一番やりたいことに挑戦しよう!と思い入社を決意しました。 アソビモのゲームタイトルからは「他とは違うことをやってやろう!」という強烈な個性を感じましたので、そういった挑戦的なマインドに共感したことが、数多あるゲーム会社からアソビモを選んだ理由です。

ロボットアイコン いまのシゴトについて

現在はアソビモでリリースしているゲームタイトルの運営全般を担当しています。ひと言に運営といっても業務は多岐に渡るのですが、一番大事なのはコミュニケーション能力です。開発部門とリリース時期や内容の調整をしたり、マーケティング部門と販売戦略を練ったりといった社内対応はもちろんのこと、時には外部の企業や機関ともやり取りをしながら、業務を円滑に進めていくことが重要になります。多くの人と出会うということは、その分だけ多くの世界に触れ、多くの経験が積めるということでもあります。なので、好奇心旺盛な方やチャレンジ精神に溢れた方には、きっと楽しい職場になると思いますよ!

ロボットアイコン アソビモのココが良い!

まず、ユニークかつ充実した福利厚生が魅力です。ドリンクが無料だったり、引越し補助などもあるので、遠方からの入社を考えられている方にも入って来やすい制度が整っていると思います。また、他部署との距離が近いことも大きな魅力ですね。飲み会補助なんて制度もあるので、私もよく他部署の方と宴席をご一緒させて頂き、そこで新たな刺激をもらっています。そうして得た刺激は日々の業務に取り組む姿勢にも良い影響を与えるので、自然と好循環が生まれているように感じます。仕事の面でいうと、とにかくやる気があればどんどん重要な仕事を任せてもらえるので、自分から積極的に動ける人にはもってこいの環境です。アソビモは今、もう一段階上のステージへ進むための成長期にあるので、ぜひそうした環境で一緒に成長していければと思います。

応募フォームへ
ページ先頭へ