マーケティング

アソビモ全てのゲームに関わり、
会社を成長させる楽しさ。

松本 航  WATARU MATSUMOTO

大学を卒業後、インターネット広告代理店にて広告営業と運用に従事。その時ユーザーとしてプレイしていた「アヴァベルオンライン」に触れ、このゲームを日本でNO.1にする協力がしたいと思い、2013年にアソビモへ入社。 現在、アヴァベルオンラインのマーケティング担当として、販売戦略や広告運用を担っている。

ロボットアイコン 入社のキッカケ

前職にてインターネット広告の仕事に従事していくうちに他社のサービスをどう伸ばすか以上に、自社のサービスを伸ばすシゴトに関わりたいと思うようになりました。 そこで出会ったのがアソビモの「アヴァベルオンライン」だったんです。 当時2013年で、まだスマホアプリが成長前段階にある中で、「こんなクオリティのゲームが作れるの?!」と興奮を覚え夢中で遊んでました。そのアソビモの開発力を最大限活かす助力になりたいと、入社を決めました。 実際、開発力は凄まじいレベルです。だからこそ、開発陣の努力を無駄にしないよう、こちらも全力で応える魅力に満ちた環境だなと感じます。

ロボットアイコン いまのシゴトについて

マーケティングチームでは各タイトルごとに担当を割り振って販売戦略業務を行います。 私は現在「アヴァベルオンライン」を担当しています。過去のデータを元にKPIを定め、各タイトルの売上を最大化するために、売上分析とゲーム分析を行い、そのデータに基づいた改善策を開発陣に提案をするのが仕事です。要するに、各ゲームタイトルの売上を最大化するのが私たちのミッションです。売上に繋がる全てを担うので、提案する幅はゲーム改修から新規商品の開発、プロモーションと多岐に渡るので、データを見ながら最善の策を自分で選択しつつ提案できるのは、難しい以上に毎日が面白くやりがいがあります。

ロボットアイコン アソビモのココが良い!

何よりもスピード感と、積極性ですね。優れた開発陣のおかげで、私が提案したものが次の日にはゲームには反映されてる、なんてケースがよくあります。 え・・・もうできたの?!みたいな(笑)そのぐらいのパフォーマンスを魅せられる以上、私たちも「最高の提案をしよう」と刺激をもらいつつ、全力で挑めます。実際開発スピードが速いと、改善効果をすぐに見られるので自社のゲームがどんどん面白くなっていく喜びを皆で噛みしめながら、次に繋げていってます。また、マーケティングチーム内では、我先にと自ら仕事に取り組む姿勢が強いです。どんな困難な業務でも臆することなく解決に向けて動く姿勢は、文化として根付いていますね。油断してると新卒に足元を掬われそうになることもあります(笑)そのぐらい、アソビモを日本でNO.1のオンラインゲーム会社に「する」ために、情熱を持って働ける魅力的な環境だと思います。

応募フォームへ
ページ先頭へ