ディレクター

面白さに妥協をしない

堤 章一郎  SHOICHIRO TSUTSUMI

コンシューマーのゲーム会社でグラフィックデザイナーとして働きオンラインゲームを作る楽しさに触れ、もっと本格的なオンラインゲームを作りたいと思いアソビモへ入社。アヴァベルオンラインでグラフィックデザインを担当し、現在はアソビモの新作『GODGAMES』でディレクションを担当。

ロボットアイコン 入社のキッカケ

前職ではコンシューマーの会社でグラフィックデザイナーとしてゲーム開発をしていました。家庭用、携帯機、PCと色々なゲーム開発に携わってきたことで幅広い知識を得る事ができそれが今非常に役に立っていると思います。 その中でオンラインゲームの開発が特に面白く、多くのユーザーと一緒に遊べる体験は家庭用ゲームにはない大きな魅力でした。もっと本格的なオンラインゲーム開発がしたいと思い、企画、運営、開発全てを手がける会社を探したところアソビモを見つけました。面接で「ユーザーに日本一だと思ってもらえる会社にしたい」と言う話を聞いて入社する意志を固めました。

ロボットアイコン いまのシゴトについて

ディレクターという職種はスケジュール管理やコンセプトの決定はもちろん、各種申請など雑務的な仕事も沢山あります。でも何より大切なことは開発者の働きやすい環境を作りそれぞれの力を最大限に引き出すことだと思っています。 みんなプロフェッショナルとして開発に携わっているわけですから、それを支えるのが自分の仕事だと思っています。また、ゲーム開発というのはとても大変な仕事です。答えもないし、どこがゴールかわからないものをみんなで試行錯誤しながら作っていきます。だからこそ楽しんで開発することがとても大切なことだと思いますし、そういう過程を楽しめる仲間とともに仕事をしていきたいと思っています。日々反省と勉強の毎日ですがこれからもチームのみんなと最高のゲームが作れるよう頑張っていきたいです。

ロボットアイコン アソビモのココが良い!

自分は始めての転職で正直不安もありましたが、中途採用の人も多くいるのでとても馴染みやすく感じました。またコンシューマー、アーケード、モバイルなど様々な環境や企業から来た人が多くいるのでそういった人達の話しを聞いてるだけでもとても刺激になります。新卒はもちろんですが、中途の人でも入りやすい環境だと思います。また手当ての充実や企画コンペの開催など社員をとても大切にする会社だと思います。

応募フォームへ
ページ先頭へ