クライアントプログラマ

一人ひとりが主役。
「歯車」じゃない。

P・I

前職ではコンシューマーゲームの開発に従事。時代の流れがオンラインに移行する中で、オンラインゲーム開発へ興味を持つように。数ある開発会社の中でも、「日本一」という挑戦的なビジョンを掲げているアソビモに惹かれ、入社を決める。現在は、ライブラリやSDK 開発などの後方支援を主に担当。

ロボットアイコン 入社のキッカケ

前職では、コンシューマー系のゲーム開発をガリガリと。ただ世の中のトレンドが徐々にWeb・モバイルへとシフトしていく中で、「自分も次のステージへ」と考えるようになったんです。転職活動中は大手と呼ばれる会社も含め、色々な企業をみましたが、中でも特に惹かれたのが、このアソビモでした。黎明期からスマホ向けという所に注力していた“先見の明”、そして「オンラインゲームで日本一に」という目標を掲げるアグレッシブさに魅力を感じて。結果的には大正解だったと思います。

ロボットアイコン いまのシゴトについて

入社後は、クライアントサイドのプログラミングを担当してきました。最近では、全体タイトル共通で使えるライブラリやSDK の開発など、ひとつ視点をあげた仕事も担当しています。ここへ来て感じるのは、とにかくコンシューマーゲーム時代と比べて全てが“シビア” ということ。オンラインの場合ユーザーさんからはリアルタイムで率直な意見が寄せられますし、サービスは24 時間ノンストップです。そういう意味では慎重かつ大胆に進めていかなくてはいけない。このあたりのバランス感覚は難しいですね。一方、刺激ある環境ともいえるかもしれません。

ロボットアイコン アソビモのココが良い!

いわゆる超大作といわれるようなコンシューマーゲームだと、正直、プログラマ一人ひとりって“歯車” でしかないんです。だから、末端の部品のようなモノしか作らせてもらえない。でもココは違います。ひとタイトル毎のプロジェクト人数も少数ですから、誰しもが主役になるチャンスがある。自分の一挙手一投足が、タイトルの成功可否に関わってくる。そんな手ごたえが得られるのは、まさにこの規模・体制の会社ならではの環境だと思います。

応募フォームへ
ページ先頭へ